俳優

【映画通が厳選】オマールシーがかっこいい映画5選!隠れた良作も

映画『最強のふたり』で一躍有名になったフランス人俳優のオマールシー。

元々コメディアンということもあり、コメディ作品への出演も多い彼ですが、190cmの長身と端正な顔立ちでイケメン俳優としても絶大な人気です。

今回はそんなオマールシーのかっこよさが堪能できるおすすめ出演作品をまとめました!

オマールシーのかっこよさが堪能できる映画5選

まずは、オマールシー好きなら必ず見るべきおすすめ作品を5つ紹介します!

最強のふたり(2012年公開 IMDb8.5点)

〜あらすじ〜
不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。スラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)は生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。すべてが異なる二人はぶつかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいき……。

引用:Yahoo映画

オマールシーを一躍有名にした出世作、オマールシーが好きなら必ず見るべき、必ず楽しめるハズレなしの一本です!

この作品でオマールシーは演技力を高く評価され、東京国際映画祭最優秀男優賞、セザール賞主演男優賞を受賞しています。

実話を元にした映画で、エンドロールの中で「最強のふたり」の本人が出てくるのも感動するポイントです。

海外の反応・口コミ

この映画史上最もユニークで美しい友情の1つ(IMBd10/10)

「外国映画」というプリズムを通して、この映画を見てはいけない。時間を無駄にし、あまりにも重要なものを見逃してしまいます。

ハリウッドは、他の追随を許さないスケールの大きさで、競合他社をあっと言わせる。フランスは親密さと残虐性を追求する。神聖なものなど何もない。そして、最近広く見られるフランス映画のように、ヌーヴェルヴァーグの復活やハリウッドの模倣を試みるのではなく、「最強のふたり」はその核となる強みや親密さを容易にし、何でも嘲笑する意欲と残忍な正直さを生かし、私がこれまで見た中で最も面白く、最も正直で感動する映画の一つです。

シーは落ちぶれた強盗で、典型的な職のない移民を演じている。クリュゼは、役立たずの体に閉じ込められたロマンチックでメランコリックな心を持っている。二人が出会う経緯はあまりに滑稽で、ここでネタバレすることはできないが、二人は出会い、互いの良さを引き出しながら、ぎこちない関係が急速に開花していく。

脚本はコメディの傑作であり、他のキャストがいかに優れていても、中心的なコンビは魔法のような存在である。シーのコミカルなタイミングに爆笑させられるが、彼の正直さと弱さがこのキャラクターを好きにさせるのだ。クリュぜは典型的な悲哀の人ではなく、その鋭い頭脳で周囲の世界を翻弄する姿を見るのがこの映画の最大の楽しみである(抽象画に関する小ネタが実に面白い、見ればわかる)。

これは、映画化された作品の中で最もユニークで、美しく、正直な友情のひとつである。笑いあり、涙あり…人生を価値あるものにしてくれるすべてのものを、楽しく祝福してくれる作品です。

アンタッチャブルズ(2012年公開 IMDb5.7点)

〜あらすじ〜
フランス郊外、ボビニー市の集合住宅地にたたずむ老朽化した闇賭場。そこで国内外に強い影響力を持つ大企業の社長ジャン=エリック・シャリニの妻、エポニーヌの死体が発見される。犯罪の多い地区として有名なボビニー市で行われている闇取引を追う同市警察経済課のウスマヌ・ディアキテ(オマール・シー)は、ひょんなことからパリ警視庁犯罪捜査課長官のフランソワ・モンジュ(ロラン・ラフィット)と出会う。追っている事件も管轄も違う彼らだったが、その遭遇を機にエボニーヌ変死事件の真相へと近づくことになる。

引用:Yahoo映画

『最強のふたり』の翌年に公開された本作、そこまでヒットはしなかったものの、気楽に見れるコメディ映画としては良作!

刑事ものですが、アクションというよりは二人の掛け合いを楽しむ感覚で見るのがおすすめです。

2022年5月には続編も公開されているのでシリーズものとしても楽しめます!

海外の反応・口コミ

フランス版 “リーサル・ウェポン”(IMBd7/10)
パリから来たキツイ白人の警官が、郊外から来た陽気な黒人の警官と一緒に働くことに。人種的なジョークがたくさん。白人の特権階級の警官が馬鹿にされる場面も多い。フランス版「リーサル・ウェポン」のようなもの。爆発は少ないが、洗練されている。より洗練されています。ストーリーはどうでもよくて、2人の警官が巻き込まれる葛藤をジョークにし続けるための口実に過ぎない。リーサル・ウェポン」の時と同じように。

演技は素晴らしい。オマール・シーは『アンタッチャブル』で病人を介護する男を見事に演じて以来、すっかり有名になった。彼の魅力は絶大だ。そして、ローラン・ラフィット演じる白人の刑事は、フランスでも有名なコメディ俳優で、国際的な映画界で活躍している。しかし、この映画はフランスの階級闘争を描いたもので、郊外の貧しい人々とパリの下町の金持ちの間の闘いです。しかし、全ては陽気である。ジョークが多い。面白い追跡劇もある。フランス流の素晴らしいバディ・コップ・ムービーだ…。

サンバ(2014年公開 IMDb6.6点)

〜あらすじ〜
アフリカからフランスに来て10年になるサンバ(オマール・シー)は、料理人になるべく頑張っていた。ある日、ビザの更新に気が付かなかったことが原因で国外退去命令を受けて拘束されてしまう。サンバのためにやってきた移民協力ボランティアのアリス(シャルロット・ゲンズブール)は、以前燃え尽き症候群によって大企業を辞めたことがあったが、厳しい状況でも明るいサンバに興味を持ち……。

引用:Yahoo映画

『最強のふたり』の監督とオマールシーが再びタッグを組んだ映画ということで期待値が高すぎたのか、そこまで話題にならなかった本作。

移民問題という重いテーマを扱っているものの、オマールシーの笑顔とお茶目なキャラクターで軽快に見れる作品になっているのはさすが!

少し恋愛要素があることも、オマールシー好きには嬉しいポイントです!

海外の反応・口コミ

笑って泣いての繰り返し(IMBd10/10)

以前から何人かが指摘しているように、深刻なテーマ(非正規移民)の軽快な映画ですが、常に敬意を払っている作品です。

私はこの映画のユーモアを見なかったレビュアーに全く同意することはできません(私は終盤を除いて、全体を通して約3分ごとに笑い、時には同時に泣くことさえありました)。また、登場人物が平凡、あるいは「つまらない」という意見も理解できない。実際、移民が「天使」、移民の役人が「悪魔」であるなどということは全くないのです。それどころか、序盤から終盤にかけては、その境界線が曖昧になる。

『最強のふたり』の後継作品として価値があると思いますし、むしろこちらの方が好きかもしれません。とても感動的な映画(ドキュメンタリー映画「l’Escale」に似ている)ですが、そうであろうとする必要はないでしょう。また、俳優陣も素晴らしい。(オマール・シーがセネガル訛りを真似ているくらいですから)。

ショコラ(2016年公開 IMDb7.0点)

〜あらすじ〜
19世紀末のフランス。サーカス団員のカナンガ(オマール・シー)は、落ち目の芸人フティット(ジェームズ・ティエレ)に誘われてコンビを組み、ショコラという芸名で活動を開始。瞬く間に人気が出たが、ある日、不法滞在の罪で収監され、拷問を受ける。釈放後、ショコラはますます酒やギャンブルに溺れ、フティットとの溝も深まっていき……。

引用:Yahoo映画

19世紀末に実在した芸人コンビの実話を元にしたヒューマンドラマ。

オマールシーの相方の白人芸人を演じるジェームズティエレはチャールズ・チャップリンの孫だそうです!

オマールシーの相方の白人芸人を演じたジェームズティエレはチャップリンの孫で、彼がコメディアンを演じるということでとても話題になった作品です。

オマールシーの演技力も高く評価された作品なので、彼が好きな人は必見でしょう!

海外の反応・口コミ

フランス初の黒人ピエロをめぐる、秀逸かつ悲劇的な物語(IMBd10/10)

植民地時代の黒人奴隷で、幼い頃にフランスに逃れ、サーカスの道化師として有名になった「ショコラ」ことラファエル・パディラの驚くべき、しかし悲劇的な実話に基づいた、素晴らしい演技と演出の映画である。監督は、フランスでは有名な俳優でありながら、これまで4作品しか監督していないロシュディ・ゼム。本作では、4本というより本当に40本も監督したのかと思うほど、徹底したプロ意識で監督している。主演はショコラを演じるオマール・シー(セネガル人の姓だが、フランス生まれ)と、彼を見出し、訓練し、相棒となる年上のピエロ、通称フイットを演じるジェームズ・ティエレだ。

このジェームズ・ティエレというのは、あの天才的な舞台俳優で、驚異的なシュールレアリズムのサーカス演技で世界中を巡業し、おそらく世界で最も高く評価されている人物であることをすぐに指摘しておかなければならない。チャーリー・チャップリンの孫で、見た目もそっくり(「わんぱく坊主」ではなく、本物のチャップリンという意味です)。

私が初めてジェームズと彼の妹のオーレリ(現在ではもう一人の有名なソロパフォーマー)の舞台を見たのは、彼らが小さな子供の頃、両親のヴィクトリア・チャップリンとジャン=バティスト・ティエレと共に出演していた時である。チャップリンの子供たちの中で、パントマイムとアクロバットという純粋なチャップリンの才能を最も天才的に受け継いだのはヴィクトリアであり、息子は彼女をさらに凌駕している。ヴィクトリアがサーカスの巡業で最も驚嘆したのは、自分を折りたたんで適度な大きさのスーツケースに収めることだったそうだ。本当に素晴らしい家族だ(ヴィクトリアの場合は、おそらく手荷物棚で休暇を取るのも簡単だ)。しかし、ヴィクトリアと彼女の夫は、とてもとてもプライベートな人たちです。パリのセレブの世界には全く溶け込んでおらず、私が初めて彼女に連絡を取ったとき、「誰でも知っている」パリのセレブで、彼女を見つけるのに役立つと思った2人は、「誰も彼らを知らない」と言ったそうです。しかし、ジェームズの周りには、熱狂的な友人がたくさんいて、彼を賞賛し、ほのぼのとした雰囲気で包み込んでいる。つまり、ジェームズは演技もさることながら、すべてが超一流なのである。

ショコラ役のオマール・シーは、哀愁と荒唐無稽なドタバタ喜劇の間を軽々と行き来する見事な役者である。彼もまた、フランスを代表する才能の持ち主だ。だから、この映画はうまくいき、非常にうまくまとまっているのです。ジェームズとオマール・シーは、当然ながら実践的で熟練しているため、彼らのサーカスの演技は素晴らしいものです。ジェームズは、何でもできる徹底したサーカスのプロであり、少なくとも5、6歳の頃から人前で披露してきた人物を演じているだけでなく、彼自身もそうなのです。クラウン、アクロバット、ハイワイヤー、トラピーズ、パントマイム、何でもできる。そして、小さな一座を率いて、すべてのショーを自分で脚本、企画、演出する。彼はいわゆる「THE REAL THING」であり、この映画もそうである。

あしたは最高のはじまり(2016年公開 IMDb7.3点)

プレイボーイのサミュエル(オマール・シー)は、南フランスのコートダジュールで、毎日を楽しんでいた。ある日、彼の前にかつて関係を持ったクリスティン(クレマンス・ポエジー)が突然姿を現し、生後数か月の赤ん坊グロリアはサミュエルの実の娘だと爆弾発言。クリスティンは、娘を置いて行方をくらましてしまい……。

引用:Yahoo映画

優しくてお茶目なパパ役がオマールシーにハマりすぎて魅力爆発!

個人的には最強のふたり以上にオマールシーの魅力を堪能できた作品です。

コメディ映画としてストーリーも面白く、海外でも日本でも評価の高かった作品です!

海外の反応・口コミ

まったく予想外のオマール・シー(IMBd7/10)

オマール・シーは他の作品でも知っているつもりだった。「Intouchables”, “Nos jours heureux”, “Chocolat”。でも、これは別格です! 素晴らしい演技です。彼は自分のキャラクターに入り込んでいて、演技をしているのではなく、ただ存在しているように感じられます。終盤のどんでん返しは本当に驚きです。ストーリーラインを推測しながら進むのだが、何度か行ったり来たりする。途中、複数の人を応援してしまうほどです。これは、” 受けるに値するもの “と” 権利 “、” 感情 “と” 事実 “の物語なのです。クレマンス・ポエジーも自分の役をよく演じましたし、アントワーヌ・ベルトランも自分の作品に夢中で、頭の回転が速かったです。テンポとタイミングが良く、2時間近い長さを感じさせません。全体として、男女を問わず、見る価値のある良い映画でした。

オマールシーが脇役で出演しているおすすめ映画3選

オマールシーが主演ではないものの、彼の魅力を味わえるおすすめ作品を紹介します!

『最強のふたり』で注目を浴びてからはハリウッド映画にも出演しており、有名作品にもかなり出演しています!

ミックマック(2009年公開 IMDb7.1点)

発砲事件で頭に銃弾が残ってしまったバジルは、ガラクタ修理屋のプラカールと出会い、ユニークな仲間たちと共にガラクタ集めを手伝うことに。新たな人生を得たバジルだったが、ある日、頭のピストルの弾を作っている会社と父の命を奪った地雷製造会社を発見。人生をメチャクチャにした死の商人に仕返しをしようと企む。

引用:Yahoo映画

『最強のふたり』で有名になる前のオマールシーが見れるヒット作!

映画『アメリ』の監督のコメディ映画で、アメリカ映画のような爆笑を誘うような内容ではないものの、クスッと笑えるネタが散りばめられた作品です。

オマールシーは”言語オタクのレミントン”という癖のある役を演じています。

海外の反応・口コミ

視覚的な壮大さ、精神的な拘束力(IMBd9/10)

復讐映画といえば、銃を持った男が自分を陥れた者たちに対して、迅速かつ直接的な行動を起こすというのが一般的なイメージだろう。この映画では銃がテーマになっていますが、主人公のバジルが不正と戦うために銃を使うわけではなく、彼の苦境には2人の著名なフランスの武器商人が関わっているからです。バジルの父親は地雷で死亡し、バジル自身は銃撃事件の際に意図せず流れ弾に当たってしまう。一命を取り留めたものの、弾丸が脳に残っているため、彼は常に不快感を感じ、いつ死ぬかもしれないという状況に陥る。仕事もなく住むところもないバジルが、魅力的な浮浪者たちに安らぎを見出し、やがて強力な武器商人たちの強欲、殺人、策略に対抗する仲間になっていくという、かなり微妙なストーリーに緊張感を与えている。

この復讐者たちの狡猾で機知に富んだ意図的な行動の数々は実に刺激的だが、この映画は、すべてのシーンで強烈な色彩と信じられないほど複雑で緻密な背景が融合した美しさも印象的である。特に、スクラップを再利用して50年代の短編アニメのような素晴らしい作品を作る「サイドショー」の存在感が際立っている。ある時、バジルは、キャラクターが他のキャラクターの頭を撃つという古いアニメの一部を見ます。これは、シルベスターがトゥイーティパイを追いかけたり、ワイリーEコヨーテがロードランナーを追いかけたりするのと同じように、壮大で非常に巧妙な復讐計画が演じられる、現実世界とアニメーションの幻想郷の相関関係を描いている。

この映画の唯一の欠点は、すべてが想像力に富みすぎていることだ。20ほどの出来事が起こる前に、何が起こったのかやっと思い出すことができ、それぞれが静かな靄に包まれて、静かなディスコを包む鏡のトンネルのように見る者の目を楽しませるのだ。目、耳、鼻、そして心を楽しませてくれる、素晴らしく贅沢な映画だ。

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年公開 IMDb7.9点)

2023年、バイオメカニカルロボットのセンチネルの攻撃により、X-MENと地球は危機的状況に陥る。プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)は宿敵マグニートー(イアン・マッケラン)と共闘し、1973年にウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)の魂を送る。しかし、1973年の地球でセンチネル・プログラムの開発を阻止しようとする間も、2023年では地球滅亡の危機が迫っており……。

引用:Yahoo映画

オマールシーはX-MENにも出演していました!

正直オマールシーである必要があったのかは謎ですが、予告動画36秒目に出てくる「ビショップ」という役柄です。

ハリウッドの人気作品で超豪華俳優陣(ヒュー・ジャックマン、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンスなど)と共演していたのは意外ですよね。

海外の反応・口コミ

私の大好きなX-MEN映画の一つ(IMBd9/10)

多くを語りたくないが、これまでに作られたX-MENの中で、これは私のお気に入りの一つだ!

追加キャストは気になるところだが、全体的にはこの作品に華を添えてくれました。

もちろん、他のキャストはいつも通り最高でしたが、この映画が他の映画と違うのは、善と悪の戦いではなく、時間軸の違いと新たなキャストの関わり合いです。

X-MENフランチャイズに加わった素晴らしい作品であり、私からは9/10です。

ジュラシックワールド(2015年公開 IMDb6.9点)

世界的な恐竜のテーマパーク、ジュラシック・ワールド。恐竜の飼育員オーウェン(クリス・プラット)が警告したにもかかわらず、パークの責任者であるクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は遺伝子操作によって新種の恐竜インドミナス・レックスを誕生させる。知能も高い上に共食いもする凶暴なインドミナス。そんな凶暴なインドミナスが脱走してしまい……。

引用:Yahoo映画

スティーブンスピルバーグ監督の超ヒット作、ジュラシックシリーズの第四弾にも出演を果たしたオマールシー。

脇役ではあるものの、ヴェロキラプトルの調教師役でクリスプラットと共演しています。

コメディ映画に出演している時とは違った雰囲気の、ワイルドでシリアスなオマールシーを堪能できます!

海外の反応・口コミ

オリジナルの『ジュラシック・パーク』には及ばないし、ムラのある映画だが、続編の中では断然ベストだ(IMBd7/10)

ジョン・ウィリアムズの最も印象的なメインテーマと、シーンを奪う恐竜が登場し、非常に楽しく、スリリングで(釘付けになる瞬間もある)、見事に作られた映画である。ロスト・ワールド』を賞賛する声もあるが、私にとっては、スピルバーグの作品の中でも最も弱い部類の作品であり、『ジュラシック・パーク3』にはさらに失望した。

ジュラシック・ワールド』は『ジュラシック・パーク』の足元にも及ばないし、巷で言われているような復権を果たしたとも思えないが、前2作の続編に比べれば、欠点やムラはあるものの大きく改善されており、悪いところよりも良いところを突いた娯楽作になっている。

まず最初に、『ジュラシック・ワールド』は信じられないほどよくできた映画であり、色彩豊かで雰囲気のある風景が美しく撮影されており、恐竜も素晴らしく見える。恐竜のデザインもさることながら、恐竜の楽しさや怖さ、登場シーンは見ごたえがあり、もっとたくさん出てきてもよかったと思うほどだ。特にインドミナス・レックスは冷酷なまでに血に飢えており、獲物を狙っているときは、座席に釘付けになり、飛び出すほどだ。マイケル・ジアッキーノの音楽は、まさに感動的で、ウィリアムズの『ジュラシック・パーク』のテーマも含まれており、まさに素敵なオマージュで、他の音楽と見事に調和している。

この映画のオマージュはとても楽しく、映画にノスタルジックな雰囲気を与えている。また、中には経験豊かで面白いものもあり、オリジナルほどではないにしろ、スリルと怖さは十分にある。後半は非常にエキサイティングな展開が多く、緊張感をうまく維持した効率的な演出がなされており、演技も良い(キャラクターをもっとうまく書いてほしかったという思いはあるが)。クリス・プラットは好感の持てる温かい存在感で、ウィットも効いている。ブライス・ダラス・ハワードも、最も問題のあるキャラクターを演じているが、同様にいい味を出している。ヴィンセント・ドノフリオは、やや一本調子であまり使われていないキャラクターを、それ相応以上に面白くするために本当に努力しており、多少の迫力をもたらしている。

しかし、『ジュラシック・ワールド』にはいくつかの大きな問題がある。ジュディ・グリアはところどころでイライラさせられ、子供たちの演技はしばしば強引で、彼らのバックグラウンドストーリーはどこにも行き着かない。脚本とストーリーにはばらつきがあり、脚本については、その瞬間はあるものの、時にはやりすぎの結果、少し混乱している。いくつかの会話は非常に弱く、ヒヤリとさせられることもあり、いくつかの逆転劇は本当に場違いである。また、登場人物、特にクレアのキャラクターが未発達で陳腐に感じられ、特に子供たちのキャラクター・アークが不器用で、十分に掘り下げられていないため、もっと上手に展開できたはずだ。オーウェンとクレアのロマンスは映画のテンポを悪くし、強引なセリフもある。ストーリーは少なくとも退屈することはなく、退屈どころか興奮させられるが、同時に『ジュラシック・パーク』のような驚き、一貫したサスペンス、スマートさ、独創性には欠けている。予想通りの焼き直しのように感じられることもあるし、色調もちぐはぐで、前半30分の説明も長すぎて面白いことは何も言わないし、エンディングもバカバカしくて私の好みには合わない。

全体としては、ばらつきがあり、オリジナルの「ジュラシック・パーク」のようなレベルには達していないが、非常に面白いよくできた映画で、続編の中では断トツに良い作品である。

オマールシーがイケメンすぎる!Netflixのルパンは必見

ここまでオマールシーの出演映画を紹介してきましたが、オマールシーのファンに強くオススメしたいのが、ネットフリックスのオリジナルドラマシリーズ『ルパン』です!

〜あらすじ〜
セネガルから息子のためにより良い生活を求めて移民してきた男の一人息子、アサン・ディオプ。アサンの父親は、富豪ペレグリニ家の運転手として勤勉に働いていたが、雇用主のユベール・ペレグリニによってマリー・アントワネットのダイヤモンドネックレスの盗難の疑いをかけられ、獄中で自殺したため、アサンは孤児となる。誕生日に父親から贈られた怪盗紳士アルセーヌ・ルパンの小説に触発され、25年後、アサンは自らの泥棒や変装の技術やカリスマ性を用いてペレグリニ家に復讐を試みる。

引用:Wikipedia

ネットフリックのオリジナル作品はクオリティが高いことで有名ですが、本作もトランスポーターシリーズやインクレディブルハルクなどのルイ・ルテリエ監督が監督を務めています。

テンポが良くてスマートでかっこいいという感想が多く、オマールシーのかっこよさを堪能できるドラマシリーズです。

オマールシーの主演映画はコメディ寄りのものや、彼のお茶目な魅力にスポットを当てている作品が多いので、シリアスな雰囲気の彼を楽しめる本作はオマールシーファン必見!

IMBdでも7.5点の高得点を叩き出しており、海外でも高評価のようです。

海外の反応・口コミ

で、何が問題なのか(IMBd8/10)

レビューに目を通すと、「スイスチーズよりも穴だらけ」「誇張」「抜け道」「不信感」等々。

しかし、なぜか、「Mission.Impossible」や「James Bond」については、このようなことが書かれていない。インポッシブルやジェームズ・ボンドの映画では、こういうことはない。

ルパンは、高価な首飾りを盗んだために投獄された父親の仇を討とうとする男(オマール・シー)の物語であり、そのために彼は自殺を図る。幼い頃から父親に勧められ、モーリス・ルブランのシリーズである紳士探偵アルセーヌ・ルパンに興味を持つ。

父の元雇い主ペレグリーニ(エルベ・ピエール)への復讐を果たすため、ルパンのテクニックを利用する。しかし、強盗事件を担当する刑事の中にルパンのファンがいることを彼は知らない。

この作品は、パリを舞台にしたファンタジーのような、楽しいライトなシリーズだと思います。

オマールシーの生い立ち・プロフィール

映画『最強のふたり』で脚光を浴びてから、ハリウッド作品への出演も多く大活躍のオマールシーですが、私生活ではどんな人なのか、彼の生い立ちやプロフィールをまとめました。

プロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Omar Sy(@omarsyofficial)がシェアした投稿

名前:Omar Sy(オマール・シー)

生年月日:1987年1月20日生まれ

出身:フランス・イブリーヌ県

職業:俳優、コメディアン

結婚:既婚(子供5人)

家族:8人兄弟の4番目

身長:190センチ

生い立ち

オマールシーはアフリカ系移民2世で、掃除婦をしていたモーリタニア人の母と、工場で働いていたセネガル人の父の元に生まれました。

フランス郊外の移民居住区の出身で、幼い頃は決して恵まれた環境ではなかったようです。

「ジョークがうまいと女の子にモテる」という理由からコメディアンを志したようで、モノマネやコントが評判になり、高校時代から地元ラジオにも出演していたそうです。

「オマール・エ・フレッド」という芸人コンビでTV出演するなど、芸人として人気が出てきたオマールシーは、徐々に映画にも出演するようになります。

その後、トレダノ&ナカシュ監督に気に入られ、映画『最強のふたり』で主演に抜擢、フランスで国民的な人気俳優になりました。

人柄

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Omar Sy(@omarsyofficial)がシェアした投稿

オマールシーは家族想いで奥さんや子供をとても大切にしているようです。

公式インスタグラムにも奥さんとのツーショット写真をよくアップしており、仲がいい様子が伺えます。

プライベートでも真っ白な歯を見せてにっこり笑っているところも見ると、映画『あしたは最高のはじまり』のパパ役のオマールシーをそのまま抜き出してきたような優しい人柄なのではないでしょうか。